「第八届 東北四神杯」

2017年10月9日

2017年10月7日(土)、8日(日)に宮城県仙台市の「まぁじゃん学校」にて、東北本部主催「第八届 東北四神杯」を開催いたしました。
各本部・支部より10チーム(40名)が参加し、優勝を争いました。

【大会のシステム】
・4人1組のチーム戦
・成績評価は卓内順位ポイント制[1位4P 2位2P 3位1P 4位0P]
・一荘7回戦を行い、ポイント合計上位4チームが団体決勝へ進出
・団体決勝はポイント持ち越しで、各チーム内の1位・2位・3位・4位ごとに一荘1回戦を行い、順位を決定
・個人表彰は7回戦までのポイント合計。(カッコ内は素点)

【大会の経過】
6回戦を終えて、個人戦の上位は、吉沢洋志さん(22p)、桜井紘己さん(19p)、根本卓也さん(16p)、三宅浩一さん(16p)となりました。優勝の可能性は吉沢さんと桜井さんに絞られましたが、桜井さんが逆転するには、「桜井トップ・吉沢ラス」のみと吉沢さんが圧倒的に有利な条件です。
個人戦最終戦となる7回戦も吉沢さんはトップをとり、7戦中6トップの好成績で優勝となりました。個人・団体とも優勝した昨年に続き、個人戦2連覇です。

7回戦までの団体成績は以下のようになりました。上位4チームによる団体決勝と5~8位決定戦が行われます。

順位 チーム名 素点
1 根本卓也の「この指止まれ」 63 1433
2 秋桜 62 1089
3 雀怒打留九2017 59 583
4 ATG428 57 881
5 夜は負けない 45 59
6 千葉大学ちゅんま部 45 ▲ 356
7 仙台亜人 43 ▲ 649
8 有象無象 42 ▲ 450
9 アツギノオワリ 37 ▲ 1271
10 ジュースマッチ 37 ▲ 1409

1位から4位まで6p差と、近年稀にみる僅差の決勝になりました。連覇のかかる「雀怒打留九2017」は個人優勝の吉沢さんがラス、他の3人も最高の成績が3着と奮わず4位に終わりました。優勝をつかみ取ったのは3人がトップをとった「秋桜」でした。釘宮公人さん・釘宮百香里さん・小野寺克之さんは2回目の団体優勝です。

【団体表彰】

冠軍(優勝)
「秋桜」74p(+1408)
 釘宮公人・釘宮百香里・三宅浩一・小野寺克之
亜軍(準優勝)
「根本卓也の「この指止まれ」」70p(+1191)
 二萬章吾・桜井紘己・根本卓也・小林英夫
季軍(第3位)
「ATG428」64p(+1006)
 窪田秀章・熊谷修・明村諭・手塚ゆり
第四名(第4位)
「雀怒打留九2017」61p(+381)
 鈴木美喜子・柴崎健司・吉沢洋志・柏木拓

【個人表彰】

冠軍(優勝)   吉沢洋志(雀怒打留九2017)26p(+859)
亜軍(準優勝)  桜井紘己(根本卓也の「この指止まれ」)19p(+354)
季軍(第3位)   窪田秀章(ATG428)18p(+407)
第四名(第4位)  小野寺克之(秋桜)18p(+382)

団体冠軍
左から、桜井東北本部長・小野寺さん・釘宮百香里さん・釘宮公人さん・三宅浩一さん
団体亜軍
根本さん・小林さん・二萬さん・桜井さん
団体季軍
熊谷さん・窪田さん・手塚さん・明村さん
団体第四名
柏木さん・鈴木さん・吉沢さん・柴崎さん
個人戦の上位3名。桜井さん・吉沢さん・窪田さん

団体決勝成績
5~8位決定戦
個人戦成績