2020年度 第18期研究リーグ

第2節

2020年9月11日(金)、第2節を行いました。
A卓は、井出が2節連続の卓内トップで好調を維持したほか、内田が初戦の4回戦こそ、北2局に2着目からラス目に落ちる放銃で痛恨のラスを引いたものの、5回戦の前半で6回のアガリをものにするなど連勝した。
B卓6回戦は、青野が大量リードで全体的に縦長の展開に。北3局を迎えて、青野+271・小田+4・鈴木▲92・北浦▲183
2着安泰とはいえないものの、小田に逆転のトップを狙える手が入る。
1133444456688
ソウズの清一色、他の待ちにすることもできたが、七対のツモアガリにかけた。しかし、この局も青野にアガリが出てはここまでと、次局は三歩高を鈴木からサッとアガり2着を確定させた。

第2節A卓

名前4回戦5回戦6回戦合計
井出洋介3
(+105)
2
(+5)
2
(+21)
7
(+131)
張建民1
(▲36)
0
(▲170)
1
(+8)
2
(▲198)
内田慶0
(▲77)
3
(+238)
3
(+106)
6
(+267)
田中実2
(+8)
1
(▲73)
0
(▲135)
3
(▲200)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第2節B卓

名前4回戦5回戦6回戦合計
鈴木芳洋0
(▲176)
2
(▲10)
1
(▲128)
3
(▲314)
小田宏一3
(+182)
0
(▲134)
2
(+31)
5
(+79)
青野滋2
(+45)
1
(▲17)
3
(+296)
6
(+324)
北浦康弘1
(▲51)
3
(+161)
0
(▲199)
4
(▲89)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

総合成績(第2節まで)

名前(期首順位)順位点素点
井出洋介(2)12+205
内田慶(4)12+237
小田宏一(6)11+225
青野滋(7)11+422
鈴木芳洋(1)8+22
北浦康弘(8)8▲112
田中実(5)7▲349
張建民(3)3▲650
上位4名で決勝を行います

同点は期首順位優先
(素点は参考表記)

第1節

2020年6月21日(日)、新型コロナウイルス感染症の影響で延期されていた第18期が開幕した。
A卓は、3回戦北2局を迎えて、北浦+46・青野+42・田中+37・井出▲125。1,2回戦はトップ2着の井出だったが3回戦は沈黙。ここから三者の熾烈なトップ争いになりそうなものだが、以降は誰にもアガリは出ず。井出が断ラスながらも安易な牌を打たず流局が続いた。北4局は、井出が田中からの並びを変えない出アガリで、この日を卓内トップでまとめた。

第1節A卓

名前1回戦2回戦3回戦合計
井出洋介3
(+124)
2
(+39)
0
(▲89)
5
(+74)
田中実0
(▲261)
3
(+95)
1
(+17)
4
(▲149)
青野滋2
(+100)
1
(▲36)
2
(+34)
5
(+98)
北浦康弘1
(+37)
0
(▲98)
3
(+38)
4
(▲23)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第1節B卓

名前1回戦2回戦3回戦合計
鈴木芳洋2
(+73)
3
(+340)
0
(▲77)
5
(+336)
張建民0
(▲193)
0
(▲190)
1
(▲69)
1
(▲452)
内田慶1
(▲60)
2
(▲51)
3
(+81)
6
(▲30)
小田宏一3
(+180)
1
(▲99)
2
(+65)
6
(+146)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

概要

研究リーグは、日本麻将体育協会研究部会(部会員は張会長による指名で構成される)により選抜された選手が出場するリーグ戦形式の競技対局です。一年一期。

<出場選手期首順位>
鈴木 芳洋
井出 洋介
張 建民
内田 慶
田中 実
小田 宏一
青野 滋
北浦 康弘

<評価>
1節3回戦。全節を通じての順位点の合計を競う。
順位点は1位から順に、3・2・1・0
同点の場合は期首順位優先。
第7節終了時点の上位4名が成績持ち越しのまま第8節の対局を行う。