2017年度 第15期 麻将対局研究リーグ 

研究リーグは、日本麻将体育協会研究部会(部会員は張会長による指名で構成される)により選抜された選手が出場するリーグ戦形式の競技対局です。一年一期。対局は非公開です。

<評価>
1節3回戦。全節を通じての順位点の合計を競う。
順位点は1位から順に、3・2・1・0
同点の場合は期首順位優先。
第7節終了時点の上位4名が成績持ち越しのまま第8節の対局を行う。

総合成績(第6節まで)

名前(期首順位)順位点素点
内田慶(4)34+286
田中実(6)33+941
青野滋(5)29+280
張建民(2)27▲163
井出洋介(7)27+210
北浦康弘(8)25+249
小田宏一(3)22▲594
鈴木芳洋(1)16▲1160
上位4名で決勝を行います

同点は期首順位優先
(素点は参考表記)

第6節

2017年11月30日(木)、第6節を行いました。A卓は、内田が連勝で首位に。リードを広げてからは、最下位の鈴木をアシストして北浦・青野にラスを引かせることにも成功。B卓は、この日の初戦16回戦は田中がトップで、あとがなくなった張・井出が意地を見せる。17回戦北3局のアガリで張の13点上のトップめに立った田中から井出が一色三歩高19をアガリ、連勝を阻止。18回戦、北4局ラスめの田中が出アガリ2着、ツモトップのテンパイの中、張がアガらずにポンしてフリテンのリャンメンをツモり井出をまくり、この日B卓の勝ち頭となった。

第6節A卓

名前16回戦17回戦18回戦合計
鈴木芳洋1
(▲65)
1
(▲34)
3
(+207)
5
(+108)
内田慶3
(+137)
3
(+91)
2
(▲8)
8
(+220)
青野滋2
(+17)
0
(▲38)
1
(▲57)
3
(▲78)
北浦康弘0
(▲89)
2
(▲19)
0
(▲142)
2
(▲250)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第6節B卓

名前16回戦17回戦18回戦合計
張建民1
(▲113)
3
(+61)
3
(+104)
7
(+52)
小田宏一0
(▲183)
0
(▲103)
1
(▲79)
1
(▲365)
田中実3
(+271)
2
(+55)
0
(▲102)
5
(+224)
井出洋介2
(+25)
1
(▲13)
2
(+77)
5
(+89)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第5節

2017年10月30日(月)、第5節を行いました。A卓13回戦、第4節終了時に1位・2位の内田・田中がラス・3着となり、トップの青野が上位との差を詰めた。B卓は、第2節以降不調が続く鈴木は、今節も1点。北浦・井出がともに7点と荒稼ぎした。

第5節A卓

名前13回戦14回戦15回戦合計
鈴木芳洋
(▲280)
0
(▲92)

(▲42)

(▲414)
張建民1
(▲50)

(▲13)
0
(▲64)
3
(▲127)
井出洋介2
(+116)
3
(+168)

(+25)
7
(+309
北浦康弘3
(+214)
1
(▲63)

(+81)

(+232)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第5節B卓

名前13回戦14回戦15回戦合計
小田宏一2
(+48)
2
(+32)

(▲198)

(▲118)
内田慶0
(▲139)

(▲108)
2
(+89)
3
(▲158)
青野滋3
(+111)
0
(▲131)
3
(+167)
6
(+147)
田中実1
(▲20)
3
(+207)
1
(▲58)
5
(+129)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第4節

2017年9月3日(日)、第4節を行いました。B卓10回戦、北4局アガればトップの井出だが脇からの出アガリではラス抜けできない小田に痛恨の放銃。首位の内田は+35で辛くも逃げ切った。
昨期まで2位・2位・優勝と常に好成績を残してきた鈴木だが、今期は苦戦が続く。10、11回戦ラス12回戦も北4局までラスめ、なんとかラス抜けのアガリを決め、3連ラスだけは免れた。

第4節A卓

名前10回戦11回戦12回戦合計
鈴木芳洋
(▲234)
0
(▲172)

(▲92)

(▲498)
張建民2
(+77)

(+50)
0
(▲119)

(+8)
青野滋
(+178)
1
(▲143)

(+86)
6
(+121)
田中実
(▲21)

(+265)

(+125)

(+369)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第4節B卓

名前10回戦11回戦12回戦合計
小田宏一1
(▲26)

(+160)

(▲191)

(▲57)
内田慶3
(+38)

(▲55)

(+131)

(+114)
井出洋介
(▲35)

(+64)

(+15)

(+44)
北浦康弘
(+23)

(▲169)

(+45)

(▲101)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第3節

2017年7月26日(月)、第3節を行いました。先週の日本選手権で優勝したばかりの内田が、この日も2連勝で首位に立った。一方、ヨーロッパ選手権優勝の鈴木は、第2節と第3節の6戦中4ラスと大失速で最下位に。次節以降、昨期覇者の巻き返しなるか。

第3節A卓

名前7回戦8回戦9回戦合計
鈴木芳洋
(▲127)
0
(▲240)
2
(+90)
2
(▲277)
小田宏一
(▲112)

(+77)
0
(▲242)
3
(▲277)
田中実
(+207)

(+109)

(▲130)

(+186)
北浦康弘
(+32)
1
(+54)
3
(+282)
6
(+368)
カッコ内は素点(評価対象ではない)

第3節B卓

名前7回戦8回戦9回戦合計
張建民1
(▲30)

(▲78)
2
(+60)
3
(▲48)
内田慶3
(+119)
3
(+74)
0
(▲84)
6
(+109)
青野滋0
(▲76)
2
(+17)
1
(▲83)
3
(▲142)
井出洋介2
(▲13)

(▲13)
3
(+107)
6
(+81)
カッコ内は素点(評価対象ではない)