厚木支部「ぎんざ杯」内田が連覇

2017年1月13日

2017年1月7日(土)、「厚木健康麻将センター」にて「ぎんざ杯決勝」が行われました。
決勝に進出したのは、年間成績の上位から内田慶・窪田秀章・手塚ゆり・吉沢洋志の4選手。(3位の釘宮公人さんが出場できなくなったため、5位の吉沢さんが繰り上がりました。)

決勝のシステムは、順位ポイント4-2-1-0制、さらに素点が浮いている場合1pをプラス。(たとえば、+20の2着は3p、▲10の2着は2p)年間成績の上位からアドバンテージとして、4-2-1-0を持った状態から一荘4回戦。

1回戦トップの窪田が一旦首位に立つものの、2・3回戦がラスで脱落。2着2着トップの吉沢と開始時首位の内田が10pで並び、最終の4回戦を迎えます。勝負は北4局までもつれ込み、アガったほうが優勝という僅差の争いを制した内田が昨年に続き優勝を果たしました。

内田
2016年度ぎんざ杯優勝、内田慶選手

決勝を戦った4選手。

決勝戦成績


PAGE TOP