第16回日本選手権、李文龍が優勝

2017年1月13日

2016年7月18日(祝)、東京赤坂のホテルニューオータニにて第16回日本選手権の準決勝・決勝を行いました。

準決勝を勝ち上がったのは、河田渉(千葉支部)、鈴木芳洋(東北本部)、李文龍(中国・北京方荘倶楽部)、辻野光哉(関西本部)の4選手。

最終局まで全員に優勝の可能性がある、接戦を制したのは李文龍選手でした。中国人選手の優勝は2003年、第3回の童飛選手以来です。

優勝 李文龍(中国)
2位 河田渉(千葉)
3位 鈴木芳洋(東北)
4位 辻野光哉(関西)
5位 柴崎健司(高田馬場)
6位 和田大樹(関西)
7位 岩田智樹(関西)
8位 清水豊(関西)


PAGE TOP